AGAというのは男性ホルモンの影響による脱毛症のことなのですが、珍しい症状というのではなく、実は成人男性の三人に一人はAGAの症状があると言われているほどです。

特別なことではないのですから、もしもAGAであるかもしれないと思ったら、大切なことはそれを受け入れるということです。

AGAになった場合、髪が薄くなるのは仕方がないと諦める、髪が薄いことを知られたくないから帽子をかぶる、髪の薄い部分を他の長い毛で隠すということをしがちなのですが、これらはすべて良いことではありません。

AGAというのは、進行する脱毛症ではあるのですが、改善したり、進行を止めることというのができる症状でもあるのです。

ですから、AGAになってしまったからといって、髪が抜け落ちるのをそのままにしておくのではなくて、治療薬を使用することで、まずは進行を止めることを考えましょう。

髪が薄くなってくると人の視線が気になるので、帽子をかぶるという人が多いのですが、帽子をかぶることで、頭皮に汗をかきやすく皮脂が溜りやすくなってしまいます。

頭皮の毛穴が清潔でない状態にあると、当然髪には良い影響はなくAGAを進行させる原因になるので気をつけましょう。

AGAがある程度進行している様な状態である場合は、ヘアスタイルに工夫をしてみましょう。

ある髪の毛で隠すという方法ではなくて、髪を短くする、トップのボリュームを作るなどが薄毛を目立たせなくさせます。

※さらに詳しくAGA治療について知りたい方におすすめ⇒AGA(エージーエー)治療を簡単解説!|マンガでわかるAGA治療