糖質制限を行うダイエットを成功させるためには、食事の内容を見直し、それぞれのメニューに糖質がどれだけ含まれているかの知識が必要

糖質制限を行うダイエットの食べ方

糖質制限ダイエットでは、米、麺類、小麦粉を使ったものは食べ過ぎないのがルールです。

これにはごはん、餅、和菓子、うどん、そば、ラーメン、パン、ケーキ、お菓子などが含まれます。

また、野菜とはいえイモ類、豆類なども糖質が高く、たくさん食べないようにしてダイエットをします。

野菜は葉物、緑黄色野菜などをたっぷりとりたいところ。

ドレッシングやマヨネーズは糖質が高いので、自分で手作りするのもいいでしょう。

サラダにしないで蒸したり、かるくオーブンで焼いたりというのもいいでしょう。

糖質制限にやさしいタイプの市販の調味料も増えています。

マヨネーズもケチャップも、どうせ買うなら低カロリー、低糖質のものを厳選しておくといいでしょう。

味の濃いおかずは白いご飯のお供には最適ですが、白いご飯を制限している時にはつらいもの。

薄味で素材の味を楽しむように食習慣を考え直すのも大切です。

玄米やホールミール、ブランなどを使用した麺類、パン類を食べるのもいいです。

白いごはん、白いパンは糖質が高いだけでなく、吸収しやすいのが問題です。

良質のタンパク質は糖質制限ダイエットには必須です。

鶏肉のささみや赤味の多い肉は、糖質のかわりにたっぷりとります。

肉を食べると太るという先入観がありますが、脂肪分の少ない良質な肉を取ると、ダイエット中も満足感があり長く続けることができます。

揚げ物は、衣の部分に小麦粉やパン粉を使いますから、できれば衣を外して食べたいところ。

テーブルマナーを考えると、あまり美しい食べ方ではないので、食べると決めたら楽しむのもひとつのやり方です。

息抜きと割り切って、その分大目に運動するのもいいでしょう。