糖質制限を行うダイエットを成功させるためには、食事の内容を見直し、それぞれのメニューに糖質がどれだけ含まれているかの知識が必要

糖質制限を行うダイエットでお酒を楽しもう

糖質制限ダイエットだと、お酒も飲めないと考えがち。

実際には、日本酒やビール、甘口のワインなどは飲めませんが、蒸留酒は飲めます。

ウイスキー、ウォッカ、ジンといった、強いお酒も飲めますから、お酒好きでもがんばれます。

避けるべきなのは甘味の強いカクテル、梅酒などです。

蒸留酒を飲むときには、甘いジュースなどで割って飲まないように、ロックやソーダ割り、水割りなどで楽しみましょう。

糖質ゼロ、プリン体ゼロと銘打ったチューハイなども市販されています。

お酒を飲みたい時はむしろ我慢せずに、適度に飲める環境にある方が、ダイエット自体は長続きします。

コンビニでお酒を買う時には、糖質ゼロのタイプを選ぶようにするといいでしょう。

オールフリー、スタイルフリーなどもダイエットを気にする人には人気です。

流行のハイボールは糖質オフで、糖質制限をしている時に最適です。

炭酸でおなかが膨れるので、満足感も感じられます。

ジュースなどの甘い飲み物は糖質制限で制限されていますから、糖質ゼロのチューハイで、甘いものが飲めます。

お酒を飲むと気持ちが大きくなって、ついつい食べ過ぎてしまうことも。

おつまみには高カロリーのものも少なくありません。

お酒と甘い食べ物や炭水化物を組み合わせることは少ないので気を抜きがちですが、フライドポテトやポテトサラダなど、芋類は糖質がとても高いので、注意が必要です。

野菜を中心に、チーズ、ナッツ、肉、魚などをおつまみにして、お酒を楽しむことでダイエットのストレスを発散しましょう。